★ ☆ ★ ☆ ★
↓↓↓ 2016年新刊!当ブログの監修本、好評発売中です!! ↓↓↓
amazon『Happyウェディングお得技ベストセレクション (晋遊舎ムック)

~ご婚約おめでとうございます~
このブログは、これから結婚式をあげる新郎新婦さんに
ちょっと知っておくと得する情報・節約ポイントを提供することで
“後悔しない結婚式”を挙げる方が増えたらいいなと思い運営しています^^

★節約も演出も効果絶大!ナイトウエディングのメリット&デメリット

★節約も演出も効果絶大!ナイトウエディングのメリット&デメリット
 はじめましての方は、『結婚式 節約ポイント まとめページ♪』をご覧くださいませ♪




新しい結婚式スタイルとして
“ナイトウエディング”も増えてきました!


単純に人気の式場で夕方からの挙式しか
日程の空きがなかったということもありますが
夕方~夜の雰囲気ある結婚式もとっても素敵で
あえてナイトウエディングを選ぶ新郎新婦さんもいます


そんなナイトウエディングについて
メリット&デメリットをまとめてみました^^


DSCN0909.jpg
(↑神戸@ハーバーランドモザイクからの夜景♪)



“ナイトウェディング”とは・・・
その名のとおり夜に行なう結婚式と披露宴。
夕暮れどきに挙式が始まり、日没後に披露宴がスタートすることが多い

(例:18時~挙式 19時~21時半 披露宴)




≪ナイトウエディングのメリット≫

『夜だからできる演出が魅力』

 ‘キャンドル’‘ライトアップ’‘夜景’など
 夜だからこそできる
 ロマンチックな雰囲気を楽しめることが一番の魅力です
 幻想的な景色を写真に収めることだって可能!

 またパーティのクライマックスに、
 ゲストへのサプライズで打上花火を行なうこともできます


『二部制ウエディング(1.5次会)にもぴったり』

 個人的にも二部制ウエディングをしたので
 第二部でのナイトウエディングはおすすめです!

 昼間に第一部として親族中心の披露宴をして
 第二部の友人向け披露宴は、
 夜開催すればまた違った披露宴を楽しむことができます
 
 過去記事参照
 >>>『新しい結婚式のカタチ“二部制ウエディング(1.5次会)”を徹底解説!


『平日金曜でも可能!』

 土日ではなく、平日での開催を希望している場合
 金曜日の夜の設定にすれば
 身内だけでなく仕事帰りの友人もお誘いすることができます


『ディナータイムはお酒がすすむ!?』

 ちょうど夕食時の時間になるため、
 晩さん会のような雰囲気で、純粋にお料理とお酒を楽しめます

 ゲストも新郎新婦も飲みすぎには注意は必要ですけどねw


『新郎新婦&ゲストがゆっくりと準備できる』

 午前中の挙式の場合だと、新郎新婦はもちろん
 特に女性ゲストは式場までの移動に加えて
 「ヘアセット」や「着物の着付け」が必要です

 早起きして美容院に行く必要がない分
 ゆとりをもって準備できることはゲストにとってもうれしいメリット


『結婚式費用が大幅に安くなる』

 一般的に昼間の結婚式に比べて
 基本料金から安くなることが多いです

 そのためナイトウエディング向けのプランを
 用意している式場も増えてきました


 また装花の代わりにキャンドルやライトを使うため
 会場装花をほとんど使わず、意外な項目が安くできとってもお得!

 装花の費用は全国平均17.2万円(ゼクシィ結婚トレンド調査より)
 …ですが、花をキャンドルなどに替えることにより
 工夫次第で3分の1以下まで抑えることも可能です!!


 過去記事参照
 >>>『契約前が鍵! 節約ポイントをチェック<会場装花編>

 

≪ナイトウエディングの注意点≫

その1★開催日時に注意!

 日曜や連休中日を避け
 開催日は『土曜、または連休初日』に設定

 ナイトウエディングは出発準備にゆとりはあっても
 帰りは慌ただしくなるため、
 翌日は休日になるように設定する方がいいでしょう


その2★親族や遠方ゲストには宿泊先を用意

 披露宴終了が22時頃になると
 日帰りで帰るには大変なゲストも多くなることが多くなります
 宿泊のあるホテルウエディングや近くの宿泊先を手配は必須です


その3★出席できるゲストが限られる

 あまり夜遅い時間になると高齢のゲストには負担になります
 また同様に、小さい子供がいる人は
 預け先に困るため出席できないことが多いです

 そのため遠方ゲストが少なく、
 未婚ゲストが多い招待客の顔ぶれなら
 ナイトウエディングに向いているでしょう


その4★夜の写真は素人には難しい

 カメラ好きの友達も多くいますが、
 夜景をバックに人を撮ることはとっても難しいのだそう
 
 友人の写真はあまりあてにできないかもしれないので
 ナイトウエディングの写真がほしい場合は
 プロにお願いして撮ってもらう方がよいでしょう


その5★二次会は開催できない

 終了が21時や22時になるため、その後の二次会開催は厳しいところ
 別の日にお披露目会やお食事会をする方が賢い選択です

 また、二次会の開催をあえてしないことで
 準備の手間を省き、披露宴にお金と労力をかけられる点では
 ある意味メリットでもあります



≪ナイトウエディングの演出≫

 DSCN0267.jpg

★会場まるごとライトアップ★

 専門式場などは特に夜になると綺麗にライトアップされ
 それだけで十分素敵な雰囲気です

★キャンドル装飾★
 
 チャペルのバージンロード、会場内やガーデンにキャンドルを灯すと
 とってもロマンチック雰囲気に◎

★最上階でサンセット~夜景を堪能★

 ホテルや、ビルの最上階のレストランなら
 夕暮れ時から夜になる幻想的な雰囲気をお料理と共に楽しめます
 また乾杯までは外を見せず、乾杯の発声に合わせて
 カーテンオープンして夜景を見せる演出も人気

★ジャズや器楽の演奏★

 「大人婚」にも人気!
 結婚式にジャズの生演奏が加われば、夜ならではの気分が味わえます

★夜風や月夜のガーデン★

 春や秋など季節のいい時期なら、テラスでのガーデンビュッフェは
 心地よい風に吹かれ、月を眺めながら楽しむこともできるでしょう





ナイトウエディングは比較的安く挙げられる分
参加するゲストへの説明や
宿泊先など細かいフォローが大切です!!

また夜の雰囲気が堪能できる分
料理とお酒をこだわって用意すればゲストにもきっと満足してもらえるはず!



夜景見ながらワイン飲める披露宴だなんて素敵すぎるので
誰かナイトウエディングに呼んでくれないかしら(笑)


 

関連記事


★2016年新刊!当ブログの監修本
 書店&ネットショップで発売中です!!
 

【お得技シリーズ074】Happyウェディングお得技ベストセレクション (晋遊舎ムック)



★ぜひフォローよろしくお願いします♪

 twitter: 「@bunyu727
 instagram: 「@bunyu727
 Facebook:「ブログ公式ページ


 最後まで読んでくれてありがとう^^



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

監修ムック本

プロフィール

bunyu

Author:bunyu
twitter: 「@bunyu727
instagram: 「@bunyu727
Facebook:「ブログ公式ページ


2013.7月に神戸の有名ホテルで挙式&船上パーティ。

1年以上かけた甲斐あって後悔しない結婚式ができました。
調べに調べつくしたちょっとした節約ポイント・裏技、そして百貨店ギフトアドバイザーのプロの知識&マナーをたくさん書いていきますので、ぜひ参考にしていただけたら嬉しいです!

現在は、神戸市内で6歳年下の旦那くんと愛娘2歳とたのしく暮らしています

[PR]楽天サイト

送料無料の情報が満載!
ネットで買うなら楽天市場



免責事項


当ブログに掲載されている情報は、実際に購入したものや利用したサイトが中心ですが、個人的に調べたものもあり内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
なお、ご紹介しているサイトは、アフィリエイトプログラムにてご紹介しております。当ブログを介しての商品の購入、登録及び登録後のトラブル、損害、損益に一切の責任を負いませんのでご理解をよろしくお願いいたします。

当ブログの画像(結婚式当日の写真)は KIKI PhotoWorks(キキフォトワークス)さん撮影データを使用しています。


ブックマーク

あなたのお気に入りに登録して
ぜひまた読みに来てくださいね

facebookページ

ページに「イイネ!」すると
ブログの更新情報や裏話が読めます♪

カウンター

あなたは・・・